プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

益山性旭(阪神)

益山 性旭

ますやま・せいきょく
生年月日:1954年8月26日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:182cm/73kg
ポジション:投手
出身  :兵庫県
ドラフト:1976年1位
経歴  :大阪福島商業高校-帝京大学-阪神タイガース(1977~1983,1985)
球種  :ストレート、シュート

選手概要

ドラフト1位左腕。

大阪福島商業高校時代に、大洋からドラフト4位で指名されるも入団を拒否し、帝京大学へ進学。

1976年に阪神からドラフト1位で指名されて入団。「度胸がある」「下半身がまだ弱いので走り込みが必要」という前評判だった。

プロ1年目~5年目

1年目の1977年は28試合に登板。3勝3敗、防御率4.04を記録した。同年は目立った成績を残すことが出来なかったが、王貞治、張本勲から三振を奪ったことが話題を呼んだ。

2年目の1978年は45試合と登板増。しかし、1勝10敗、防御率5.40と大きく負け越してしまった。

3年目の1979年は34試合に登板。1勝5敗1セーブ、防御率4.73を記録した。

4年目の1980年は4試合に登板。0勝0敗、防御率9.00と成績を落とした。

二軍では17試合に登板。2勝10敗1セーブ、防御率4.19を記録した。

5年目の1981年は19試合に登板。3勝3敗、防御率2.94を記録した。

プロ6年目~引退まで

6年目の1982年は29試合に登板。3勝6敗、防御率4.76を記録した。

安藤統男監督から「今年ダメならトレードへ出す」と通告されて迎えた、7年目の1983年は一軍登板なし。二軍では10試合に登板。1勝2敗1セーブ、防御率5.46を記録した。

同年限りで選手から打撃投手へ転身。

翌1984年は打撃投手として投げたが、翌1985年に現役へ復帰。8試合、0勝0敗、防御率6.48を記録した。また、二軍では11試合に登板。1勝1敗、防御率3.91を記録した。

同年オフに現役を引退。

引退後

その後はスナックを経営していたが、2024年現在は大阪で焼き鳥屋「本陣」を開いている。

選手分析

・シュートを投げた。

 

投手「ま」へ

1985年退団選手一覧へ

【1976年 阪神ドラフト指名選手】
1位:益山性旭
2位:続木敏之
3位:川辺邦好(入団拒否)
4位:峯本達雄
5位:渡辺純志
6位:山田和英(入団拒否)
ドラフト外:青雲光夫高木隆司土谷賢一小倉泰男