プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

ライトル(広島/南海)

ジム・ライトル

ライトル Jim Lyttle
生年月日:1946年5月20日
投打  :右投げ左打ち
身長/体重:181cm/85kg
ポジション:外野手
出身  :アメリカ
ドラフト:なし
経歴  :ヤンキース-ホワイトソックス-エクスポズ-ドジャース-広島東洋カープ(1977~1982)-南海ホークス(1983)

選手概要

広島の歴史に名を残した外国人野手。

MLB時代

1969年にヤンキースでメジャーデビュー。28試合、打率.181、0本、4打点の成績を残した。

翌1970年に87試合、打率.310、3本、14打点と好成績を記録したが、翌1971年は49試合、打率.198、1本、7打点と数字を落とした。

その後もメジャーでスタメン定着とはならず、1976年に65試合、打率.248、1本、13打点の成績を残したあと、翌1977年に広島へ入団。「強肩強打」「3割30本に期待」という前評判で、MLB通算成績は391試合、打率.248、9本、70打点だった。

広島1年目~3年目

1年目の1977年は120試合に出場。打率.301、19本、65打点を記録した。打撃だけでなく、13盗塁と脚の速さも見せ、守備でも強肩を発揮した。

2年目の1978年は130試合に出場。打率.296、33本、108打点を記録した。

3年目の1979年は130試合に出場。打率.264、23本、61打点を記録した。

広島4年目~6年目

4年目の1980年は130試合に出場。打率.280、23本、82打点を記録した。

同年は日本シリーズでも打率4割、3本、10打点と活躍し、シリーズMVPに選ばれた。シリーズ前まで広島の重松良典代表はライトルを自由契約にすることを考えていたが、この活躍により、引き続き契約することを決めたという。

5年目の1981年は128試合に出場。打率.318、33本、100打点を記録した。

6年目の1982年は126試合に出場。打率.270、24本、75打点を記録した。

同年限りで自由契約となり、広島を退団。南海へ移籍した。

南海時代

翌1983年は112試合に出場。打率.258、11本、38打点と、37歳という年齢による衰えもあり、成績を落とした。

同年限りで南海を退団し、現役を引退。

引退後

引退後はアメリカへ戻り、果樹園を経営した。フロリダにある大学でコーチを務めたこともあった。

選手分析

打撃:勝負強い打撃と評された。

守備:前述したとおり強肩で守備も良く、1978年から1981年までダイヤモンドグラブ賞に選ばれている。広島1年目と2年目は二塁手として出場したこともあった。

エピソード

・真面目な性格で知られていた。
・バイクが好きで「バイク狂」と言われたこともあった。他にも日曜大工やゴルフなど多くの趣味を持っていた。
・数学の教員資格を持っていた。
・自転車曲芸という珍しい特技を持っていた。

 

野手「ら」へ

1983年退団選手一覧へ

【1976年 広島ドラフト指名選手】
1位:山崎隆造
2位:土居正史
3位:平田英之
4位:立野政治(入団拒否)
5位:小川達明
6位:山本穰
ドラフト外:大野豊・小林一史
新外国人:ギャレット・ライトル