プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

加藤英樹(ダイエー)

加藤 英樹

かとう・ひでき
生年月日:1968年2月28日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:175cm/75kg
ポジション:内野手
出身  :福岡県
ドラフト:1990年ドラフト外
経歴  :豊国学園高校-新日本製鐵大分-福岡ダイエーホークス(1991~1994)

※一軍出場なし

選手概要

巧打の二塁手。

アマチュア時代

豊国学園高校卒業後、新日本製鐵大分へ入団。

1989年に三菱重工長崎、1990年に本田技研工業熊本の補強選手に選ばれ、2年連続で都市対抗に出場。1990年は五輪の指定候補選手にも選ばれた。

1990年にドラフト外でダイエーへ入団。

シュアな打撃は即戦力レベルと言われ、100m11秒6の俊足、遠投110mの強肩でもあるという前評判だった。

プロ1年目~引退まで

1年目の1991年は一軍・二軍共に出場なし。どうも故障があったようで、その影響かと思われる。

2年目の1992年は二軍で8試合に出場し、打率.364、0本、1打点を記録。11打数しかなく、守備に就いた試合も4しかなかった辺り、代打での出場が中心だったか。

また、同年は1Aサリナスへの野球留学も経験。出場数が少なかった理由はそれもあるだろう。

3年目の1993年は出場数を大きく増やし、二軍で74試合に出場。打率.227、0本、14打点を記録した。

しかし4年目の1994年は二軍で56試合に出場し、打率.157、2本、9打点という成績に終わり、同年限りで退団。

ドラフト外とは言え、社会人時代の実績は申し分なかったが。

 

野手「か」へ

1994年退団選手一覧へ