プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

伏島良平(巨人)

伏島 良平

ふせじま・りょうへい
生年月日:1970年4月10日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:181cm/78kg
ポジション:捕手/内野手
出身  :千葉県
ドラフト:1988年ドラフト外
経歴  :市立船橋高校-読売ジャイアンツ(1989~1996)

※一軍出場なし

選手概要

故障に苦しめられた野手。

市立船橋高校時代は立石尚行とバッテリーを組んだ。3年春には「4番・捕手」として甲子園へ出場。

卒業後は専修大学への進学が決まっていたが、結局ドラフト外で巨人へ入団。100m11秒4の俊足捕手という前評判だった。

プロ1年目~4年目

1年目の1989年は、入団していきなり右足首靭帯を断裂。そのため、一軍・二軍共に出場がなかった。

2年目の1990年も一軍・二軍共に出場なし。

3年目の1991年は二軍で5試合に出場。打率.200、0本、2打点を記録した。

4年目の1992年は二軍で10試合に出場。打率.286、0本、0打点を記録した。

プロ5年目~引退まで

5年目の1993年は二軍で17試合に出場。打率.190、0本、0打点を記録した。

6年目の1994年は二軍で7試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録した。

7年目の1995年は二軍で49試合に出場。打率.293、4本、13打点と自己ベストの成績を残した。また、同年は三塁を28試合、外野を2試合守っている。

8年目の1996年は登録が捕手から内野手へ変更に。二軍で45試合に出場し、打率.206、1本、5打点を記録した。しかし、同年限りで巨人を退団。

怪我が多い選手で、それが出場試合数の少なさに繋がったようだ。

 

野手「ふ」へ

1996年退団選手一覧へ