プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

林純次(阪神)

林 純次

はやし・じゅんじ
生年月日:1973年2月21日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:177cm/80kg
ポジション:投手
出身  :岐阜県
ドラフト:1995年3位
経歴  :多治見工業高校-東海理化-阪神タイガース(1996~1997)
球種  :ストレート、スクリュー、スローカーブ

選手概要

社会人出身左腕。

高校時代は3年春に県大会でベスト4まで進出。

卒業後は東海理化に進み、都市対抗に2度出場。1995年にはトヨタ自動車の補強選手として、NKK戦に先発するなどした。

1995年に阪神から3位指名を受けて入団。1位指名の舩木聖士は社会人時代、2位指名の中ノ瀬幸泰は高校時代、ライバルだった。

プロ1年目~阪神退団まで

スクリューを武器とする即戦力左腕という前評判だったが、1年目の1996年は17試合に登板し、0勝1敗、防御率10.13という成績に留まった。

2年目の1997年は一軍登板がなく、二軍でも13試合に投げ、1勝0敗、防御率7.31という成績で、オフに戦力外となった。

阪神退団後

翌1998年に古巣・東海理化でコーチを務めたあと、翌1999年2月に社会人の昭和コンクリートへ選手として入団。1961年に起こった柳川事件以来、初めてとなる元プロ野球選手のアマチュア球界復帰となった。

2003年に昭和コンクリートが活動休止となったあとは、西濃運輸へ移籍。前述の中ノ瀬と再びチームメイトとなった。西濃運輸では1年だけプレーし、現役を引退。

前述のスクリューの他に、80km台のスローカーブも投げた。

 

投手「は」へ

1997年退団選手一覧へ

【1995年 阪神ドラフト指名選手】
1位:舩木聖士 2位:中ノ瀬幸泰 3位:林純次 4位:曽我部直樹