プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

平田薫(巨人/大洋/ヤクルト)

平田 薫

ひらた・かおる
生年月日:1954年2月9日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:174cm/73kg
ポジション:内野手
出身  :香川県
ドラフト:1975年ドラフト外
経歴  :坂出工業高校-駒澤大学-読売ジャイアンツ(1976~1984)-横浜大洋ホエールズ(1985~1987)-ヤクルトスワローズ(1988)

選手概要

「左殺し」と呼ばれた内野手。

坂出工業高校を経て、駒澤大学へ進学。大学時代は3年春に首位打者となり、最高殊勲選手に輝いた。また、3年と4年の時には日米大学野球の日本代表に選ばれている。

同期の中畑清、二宮至と3人で「駒大トリオ」と呼ばれていたが、1975年のドラフトでは中畑のみが巨人から指名され、平田と二宮の名前はどの球団からも聞かれなかった。しかし、中畑が「平田と二宮も一緒なら入団する」と球団にかけあったため、ドラフト外で巨人へ入団することになった。

入団時の前評判は「線が細い」「反骨精神がある」というものだった。

巨人1年目~5年目

1年目の1976年は二軍で49試合に出場。打率.270、1本を記録した。

2年目の1977年は二軍で61試合に出場。打率.257、7本、37打点を記録した。

3年目の1978年は3試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録した。二軍では57試合に出場。打率.300、7本、32打点の成績を残した。

4年目の1979年は61試合出場と出番を増やし、打率.341、3本、19打点を記録。

5年目の1980年は56試合に出場。しかし、打率.219、1本、6打点と成績を落とした。

巨人6年目~9年目

6年目の1981年は29試合に出場。打率.237、3本、5打点を記録した。

同年はレギュラーシーズンでの出番は篠塚利夫に奪われたものの、日本シリーズでは左投手に強いという長所を買われ、5試合に出場。12打数8安打2本塁打4打点と起用に応え、優秀選手賞を獲得した。

当時の野球雑誌や選手名鑑を読むと、この大舞台での活躍を機に「左殺し」「代打の切り札」と言われ始めている。

7年目の1982年は33試合に出場。打率.132、0本、2打点を記録した。

8年目の1983年は30試合に出場。打率.143、1本、4打点を記録した。

9年目の1984年は4月に二軍戦で死球を受け、左膝を骨折。その影響もあり、一軍出場なし。二軍成績は23試合、打率.204、0本、8打点だった。

同年オフに金銭トレードで大洋へ移籍。

大洋時代

翌1985年は81試合に出場し、打率.267、6本、33打点と好成績を記録。さらに9月8日の巨人戦で代打満塁本塁打を放ち、自力優勝を消滅させるなど、古巣を見返す働きも見せた。

翌1986年は86試合に出場。打率.252、7本、31打点を記録した。同年は代打打率.212だったが、スタメンで起用された際に好成績を残した。

翌1987年は30試合と出場減。打率.160、1本、7打点を記録した。

同年オフ、11月19日に岩下正明とのトレードでヤクルトへ移籍。

ヤクルト時代

翌1988年は43試合に出場。打率.138、0本、5打点を記録した。

同年オフに自由契約となり、現役を引退。

2023年現在は、生光学園中学・高等学校で硬式野球部の指導者を務めている。

余談だが酒豪で、ビール大ジョッキ20杯の記録を持っていた。

 

野手「ひ」へ

1988年退団選手一覧へ

【1975年 巨人ドラフト指名選手】
1位:篠塚利夫
2位:岡田忠雄
3位:中畑清
4位:猪口明宏
5位:山本功児
6位:柿木孝哉(入団拒否)
ドラフト外:黒田真治外園正・平田薫・小泉泰重二宮至
新外国人:ライト