プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

宮崎弘教(南海)

宮崎 弘教

みやざき・ひろのり
生年月日:1957年4月22日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:176cm/70kg
ポジション:内野手
出身  :大阪府
ドラフト:1975年ドラフト外
経歴  :浪商高校-南海ホークス(1976~1983)

選手概要

内野手。

中学時代は投手として活躍。

浪商高校時代も投手としてプレーし、岡田彰布らを相手に投げた。

1975年にドラフト外で、内野手として南海へ入団。

1年目~5年目

1年目の1976年は二軍で12試合に出場。打率.077、0本を記録した。

2年目の1977年は二軍で29試合に出場。打率.154、1本、1打点を記録した。

3年目の1978年は二軍で63試合に出場。打率.245、0本、2打点、7盗塁を記録した。

4年目の1979年は二軍で61試合に出場。打率.251、1本、23打点、19盗塁を記録した。

5年目の1980年は二軍で65試合に出場。打率.272、4本、16打点、14盗塁を記録した。

6年目~退団

6年目の1981年に一軍初出場。打席に立たず、守備出場もなかったが、代走として1試合に出場した。二軍では65試合に出場。打率.302、1本、20打点を記録した。

翌1982年は一軍出場がなく、二軍で74試合に出場。打率.235、1本、12打点、11盗塁を記録した。

翌1983年は2試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録し、遊撃手として1試合、守備に就いた。二軍では65試合に出場。打率.259、0本、15打点、14盗塁を記録した。

同年限りで南海を退団。

南海時代は主に、三塁と遊撃を守ったようだ。

 

野手「み」へ

1983年退団選手一覧へ

【1975年 南海ドラフト指名選手】
1位:森口益光
2位:渡辺光弘
3位:立石充男
4位:松尾裕二
5位:平沢隆好
6位:土手本勝次
ドラフト外:鐘井裕治・宮崎弘教・山本利一