プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

山崎剛(阪急/阪神)

山崎 剛

やまざき・つよし
生年月日:1961年4月26日(1982年の選手名鑑など一部資料では4月16日)
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:180cm/75kg
ポジション:投手
出身  :大阪府
ドラフト:1979年ドラフト外
経歴  :PL学園高校-阪急ブレーブス(1980~1984)-阪神タイガース(1988)
球種  :不明

※一軍出場なし

選手概要

父が相撲取り、母が女子プロレスラーだったという右腕。

中学時代に少年野球で全国制覇を達成。

卒業後に進んだPL学園では3年春に外野手として甲子園出場。同期に小早川毅彦、山中潔、阿部慶二らがいた。

1979年にドラフト外で阪急へ入団。

阪急時代

1年目の1980年は二軍で1試合の登板のみ。成績は0勝0敗、防御率0.00だった(ただし自責点は0だったが失点は4)。

2年目の1981年は二軍で7試合を投げて、0勝0敗、防御率9.00。

3年目の1982年は二軍で13試合、0勝0敗、防御率4.71だった。

4年目の1983年は二軍で16試合を投げたが2勝6敗と負け越し、防御率3.53だった。

5年目の1984年は二軍で6試合に登板。0勝1敗、防御率12.38という成績で、自由契約に。

阪神時代

翌1985年、阪神の打撃投手へ転身。1987年には「この道で生きがいを感じた」と話していたが、1988年にまさかの現役復帰。

しかし、同年も一軍登板がなく、二軍で9試合を投げ、0勝2敗、防御率4.32を記録したのみで、オフに再び打撃投手へと戻った。

引退後

1991年に打撃投手を辞めたあと、家業のコンビニエンスストアを手伝いながらバッティングセンターでも働き、明治東洋医学院専門学校で鍼を学ぶという多忙な生活へ移行。その後、1995年にオリックスへトレーナーとして復帰した。

ストレートに威力がある投手だった。

 

投手「や」へ

1988年退団選手一覧へ