プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

二宮至(巨人)

二宮 至

にのみや・いたる
生年月日:1953年11月15日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:174cm/73kg
ポジション:外野手
出身  :広島県
ドラフト:1975年ドラフト外
経歴  :広島商業高校-駒澤大学-読売ジャイアンツ(1976~1983)

選手概要

外野手。

広島商業高校時代は、3年夏に県大会準決勝まで進むも敗退。

駒澤大学時代は主将を務め、3年生、4年生の時には日米大学野球日本代表に選ばれた。メディアから「高田繁二世」と言われたこともある。

同期の中畑清、平田薫と共に「駒大トリオ」と呼ばれたが、1975年のドラフトでは中畑が巨人から指名されたのみで、他2人の名前は呼ばれなかった。

しかし、中畑が「3人一緒なら入団する」と球団へかけあったため、平田と二宮もドラフト外で巨人へ入団。

プロ1年目~4年目

1年目の1976年は二軍で50試合に出場。打率.287、2本を記録した。同年はイースタンリーグ・ベストナインに選ばれている。

2年目の1977年は108試合に出場。打率.143、0本、1打点を記録した。一軍に抜擢された理由は守備力の高さで、主に守備固めなどで起用された。

3年目の1978年は55試合に出場。打率.071、0本、0打点を記録した。

4年目の1979年は13試合に出場。打率.231、0本、0打点を記録した。二軍では50試合に出場。打率.244、3本、16打点の成績を残した。

同年オフ、いわゆる地獄の伊東キャンプに参加。ここでは二塁の守備練習も行い「二塁手転向」などとも言われたが、その後も外野手のままだった。

プロ5年目~引退

5年目の1980年は1試合に出場。しかし、打席には立たず、守備にも就かなかった。二軍では63試合に出場。打率.326、6本、26打点を記録した。

6年目の1981年は3試合に出場。1打席のみで、打率.000、0本、0打点という成績だった。同年オフの契約更改でトレードを直訴したが、実現はせず。

7年目の1982年は59試合に出場。20打席立ったが、打率.000、0本、1打点という成績だった。

8年目の1983年は一軍出場なし。二軍では43試合に出場。打率.235、5本、17打点を記録した。

同年限りで巨人を退団。

引退後

引退後は旭川市教育委員会で勤務。その後、大学へ通いなおして教員免許を取得。1987年に不動産会社へ入社。

1991年にスポーツ指導者やタレントを派遣する会社「サディーカ」(現・サイン)を設立。

1992年に目黒西リトルシニアの監督へ就任。

1998年に中日の外野守備・走塁コーチへ就任。翌1999年は二軍外野守備・走塁コーチ、翌2000年に外野守備・走塁コーチへ戻り、2002年まで務めたあと、2003年に作戦コーチへ就任。同年限りで中日を退団。

翌2004年は台湾・La Newでコーチを務めた。

2007年~2010年は松本大学の野球部監督を務めた。

2012年にDeNAの外野守備走塁コーチへ就任。2013年に一軍野手総合コーチに。2014年、2015年は二軍総合兼外野守備コーチ、2016年は二軍監督、2017年は二軍監督兼外野守備コーチを務めた。2017年限りでDeNAを退団。

2018年6月に星槎道都大学野球部の監督へ就任。2020年に河村説人、2023年に滝田一希をプロへ送り出した。

エピソード

巨人時代「花王石けん」というあだ名があった。由来は不明。

 

野手「に」へ

1983年退団選手一覧へ

【1975年 巨人ドラフト指名選手】
1位:篠塚利夫
2位:岡田忠雄
3位:中畑清
4位:猪口明宏
5位:山本功児
6位:柿木孝哉(入団拒否)
ドラフト外:黒田真治外園正平田薫小泉泰重・二宮至
新外国人:ライト