プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

長内孝(広島/大洋)

長内 孝

おさない・たかし
生年月日:1957年8月30日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:182cm/89kg
ポジション:内野手/外野手
出身  :青森県
ドラフト:1975年3位
経歴  :桐蔭学園高校-広島東洋カープ(1976~1991)-横浜大洋ホエールズ/横浜ベイスターズ(1992~1993)

選手概要

通算1020試合に出場した中距離打者。

桐蔭学園高校時代は同期の水上善雄と共にクリーンアップを担い、活躍。

1975年にドラフト3位で広島へ入団。大型の外野手で、将来の3、4番候補という前評判だった。

プロ1年目~5年目

1年目の1976年は二軍で32試合に出場。打率.257、0本を記録した。

2年目の1977年は二軍で45試合に出場。打率.224、3本、14打点を記録した。

3年目の1978年は二軍で72試合に出場。打率.273、14本、55打点を記録し、ウエスタンリーグ本塁打王と打点王に輝いた。

4年目の1979年は二軍で58試合に出場。打率.252、11本、33打点を記録した。

5年目の1980年に一軍デビュー。7試合に出場し、打率.000、0本、0打点を記録した。二軍では58試合に出場。打率.212、7本、21打点を記録した。

プロ6年目~10年目

6年目の1981年は7試合に出場。打率.143、0本、0打点を記録した。二軍では45試合に出場。打率.245、5本、18打点を記録した。

7年目の1982年は59試合に出場。打率.207、1本、2打点を記録した。同年は全試合一軍ベンチ入りを果たしつつ、二軍でも27試合に出場。打率.365、7本、17打点を記録した。

8年目の1983年は117試合と出番増。打率.265、18本、56打点と成績も大きく伸びた。この年はシーズン途中まで主に7番を打っていたが、6月下旬から3番に定着。守備では一塁と右翼を守った。

9年目の1984年は89試合に出場。打率.240、9本、34打点を記録した。同年は小早川毅彦が一塁のレギュラーとなり、外野手も山崎隆造、長嶋清幸、山本浩二がいたため、出場機会が減ってしまった。

10年目の1985年は89試合に出場。打率.254、14本、38打点を記録した。

プロ11年目~16年目

11年目の1986年は118試合に出場。打率.254、19本、58打点を記録した。同年は「3番・一塁」のレギュラーに定着し、初の規定打席到達も果たしている。

しかし、12年目の1987年は54試合と出場減。打率.229、1本、7打点と成績も落とした。

13年目の1988年は後半戦でスタメンに定着し、80試合に出場。打率.258、9本、36打点を記録した。

14年目の1989年は97試合に出場。打率.273、11本、42打点を記録した。同年は一塁のポジションを小早川、左翼のポジションを主に小川達明とアレンと争った。

15年目の1990年は108試合に出場。打率.268、11本、40打点を記録した。同年も一塁のポジションを小早川と争い、外野のポジションをアレン、ヤング、西田真二らと争った。

16年目の1991年は99試合に出場。打率.233、5本、16打点を記録した。また、日本シリーズでは第4戦で本塁打を放っている。

同年オフに、銚子利夫とのトレードで大洋へ移籍。

大洋時代

翌1992年は86試合に出場し、打率.223、6本、27打点を記録。同年はスタメンではあまり成績を残せなかったが、代打では21打数8安打、打率.381と結果を出した。

翌1993年は開幕戦でスタメン起用されるも、以降は途中出場のみ。10試合、打率.083、0本、4打点という成績で、二軍でも5月27日に1試合出場しただけだった。

これは若手にチャンスを与えたいというチーム方針によるもので、5月上旬には事実上の引退が決まっていたという。それでもこの1試合で、1打数1安打、打率1.000、0本、2打点と結果を残した。本人によると代打サヨナラツーベースだったという。

同年限りで現役を引退。

引退後

翌1994年~1997年は広島の二軍打撃コーチ、1998年は二軍外野守備・走塁コーチ、1999年は再び二軍打撃コーチ、2000年~2002年は一軍打撃コーチ、2003年~2005年は三度二軍打撃コーチを務めた。

その後は焼き鳥屋で修業してオーナーとなったが、2012年8月1日に四国アイランドリーグ・徳島インディゴソックスのコーチへ就任。2013年オフに退団。

翌2014年は、森脇浩司監督からの頼みでオリックスの一軍打撃コーチとなり、同年オフに退団。

2023年10月に瀬戸内高校野球部のコーチへ就任。

選手分析

打撃:悪球打ち、プルヒッターと言われることがあった。

エピソード

・アグネス・チャンのものまねという特技を持っていた。

 

野手「お」へ

1993年退団選手一覧へ

【1975年 広島ドラフト指名選手】
1位:北別府学
2位:山根和夫
3位:長内孝
4位:小林誠二
5位:小川良一(入団拒否)
6位:高月敏文
ドラフト外:松下建夫吉岡厚司