プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

小林誠二(広島/西武)

小林 誠二

こばやし・せいじ
生年月日:1958年1月22日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:178cm/74kg
ポジション:投手
出身  :広島県
ドラフト:1975年4位
経歴  :広島工業高校-広島東洋カープ(1976~1980)-西武ライオンズ(1981~1983)-広島東洋カープ(1984~1988)
球種  :ストレート、パーム、シュート

選手概要

2球団でリリーフとして活躍した右腕。

広島工業高校時代は、3年春に甲子園へ出場。2回戦で福井商業高校に敗退。

1975年にドラフト4位で広島へ入団。オーバースローの投手で、ストレートが武器の速球派という前評判だった。

1度目の広島時代

1年目の1976年は高卒ルーキーながら5試合に登板。0勝0敗、防御率7.88を記録した。二軍では登板数不明だが、5勝2敗をマーク。

2年目の1977年は18試合に登板。1勝3敗、防御率6.70を記録した。

3年目の1978年は2試合に登板。1勝0敗、防御率3.38を記録した。二軍では22試合に登板し、規定投球回に到達。10勝6敗1セーブ、防御率3.31を記録した。また、同年秋にアメリカの教育リーグへ参加。ここでパームを習得した。

4年目の1979年は一軍登板なし。二軍では8試合に登板し、1勝1敗、防御率6.12を記録。同年は肩の故障に見舞われたため、登板が少なかった。

5年目の1980年も一軍登板なし。二軍では13試合に登板。3勝1敗、防御率4.28を記録した。

同年オフに金銭トレードで西武へ移籍。この時、西武と広島の間で「3年で広島へ戻す」という約束がされていた。

西武時代

翌1981年はサイドスローへ転向。7試合に登板し、0勝0敗、防御率4.00を記録した。二軍では16試合に登板。7勝0敗2セーブ、防御率1.30を記録し、イースタン最優秀防御率に輝いた。

翌1982年は広岡達朗監督からの命令でオーバースローとなったが、結果を残せず、すぐにサイドスローへ戻すことに。

その結果、後半戦をメインにリリーフで13試合に登板。4勝0敗1セーブ、防御率2.38と好成績を残した。この時武器となった球が、前述したパームだった。

この年、二軍では27試合に登板。7勝2敗5セーブ、防御率2.70を記録した。また、日本シリーズでも3試合を投げて2勝1敗と活躍し、西武の日本一に貢献している。

翌1983年もリリーフをメインに23試合に登板。3勝1敗1セーブ、防御率3.77を記録した。

同年オフ、約束通りにトレードで広島へ戻ることに。交換相手は高橋俊春だった。ちなみに約束ではあったものの、広岡監督は小林のトレードを渋ったという。それだけ評価されていたのだろう。

2度目の広島時代

翌1984年は55試合に登板。11勝4敗9セーブ、防御率2.20を記録し、最優秀防御率に輝いた。同年は主にリリーフで投げたが、リーグ優勝を決める試合では先発し、初となる完投勝利を記録している。

また、日本シリーズでも4試合に投げ1勝を記録。リーグ優勝と日本一に大きく貢献した1年となった。

翌1985年は45試合に登板。4勝5敗7セーブ、防御率3.88を記録。同年はある程度の成績は残したものの、前年と比べると不調と言われた。これは肘を痛め、球速が落ちたことが原因だった。

翌1986年は33試合に登板。3勝1敗2セーブ、防御率3.77を記録した。

翌1987年は16試合と登板減。2勝1敗、防御率5.49を記録した。

翌1988年は5試合に登板。0勝0敗、防御率5.79を記録した。

同年限りで現役を引退。

引退後

引退後は解説者を務めていたが、2005年に中日の二軍投手コーチへ就任。この時の登録名は「小林聖始」だった。2011年に登録名を「小林誠二」に戻し、同年オフに中日を退団。

2016年に韓国・ハンファの投手コーチとなったが、同年4月13日に自ら契約解除を申し出て退団。

選手分析

・当時、広島のスカウトを務めていた備前喜夫によると、高校時代の小林はスリークォーター気味のフォームから140km台のストレートとシュートを投げていた。

・その時のシュートはストレートとあまり速さが変わらず、打者の手元でインコースに入ってくるものだった。また、シュートはサイドスロー転向後も投げている。

・同じく備前によると、小林のパームは手から離れた瞬間に浮き上がり、打者の手元で一瞬止まったように見えて落ちる変化をしていたという。

 

投手「こ」へ

1988年退団選手一覧へ

【1975年 広島ドラフト指名選手】
1位:北別府学
2位:山根和夫
3位:長内孝
4位:小林誠二
5位:小川良一(入団拒否)
6位:高月敏文
ドラフト外:松下建夫吉岡厚司