プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

青山久人(中日/南海)

青山 久人

あおやま・ひさと
生年月日:1957年6月28日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:179cm/61kg
ポジション:投手
出身  :愛知県
ドラフト:1975年3位
経歴  :国府高校-中日ドラゴンズ(1976~1984)-南海ホークス(1985~1987)
球種  :不明

選手概要

アンダースロー右腕。

元々はスリークォーターだったが、国府高校時代にアンダースローにしたところ結果を残せるようになり、3年夏にはチームを甲子園へ導いた。甲子園では1回戦で柳井商業高校を相手に好投するも、0-1で敗退。

大会後は高校日本代表にも選ばれ、アメリカ遠征へ参加。また、高校では1年後輩に市川和正がおり、バッテリーを組んでいた。

1975年にドラフト3位で中日へ入団。華奢な体ながら、球にスピードがあるという前評判だった。

プロ1年目~5年目

1年目の1976年は24試合に登板。2勝7敗、防御率6.30を記録した。成績はいまひとつだったものの、高卒1年目から一軍である程度投げたことで注目され「杉浦忠二世」と呼ぶ声が聞かれた。また「スタミナが課題」と言う声もあった。

2年目の1977年は44試合と登板増。6勝4敗2セーブ、防御率4.23を記録した。同年は「細い体ながらスタミナがある」と評する声が聞かれており、前述した課題を解消できたようだ。

3年目の1978年は34試合に登板。1勝7敗、防御率5.14を記録した。

4年目の1979年は8試合と登板減。0勝1敗、防御率6.43を記録した。二軍では18試合に登板。6勝6敗、防御率3.26を記録した。

5年目の1980年は20試合に登板。4勝3敗1セーブ、防御率4.44を記録した。

プロ6年目~9年目

6年目の1981年は20試合に登板。1勝1敗、防御率5.21を記録した。この年にアメリカ教育リーグで投げた際、メジャーリーグ球団からトレードを申し込まれたが破断となった。

7年目の1982年は10試合に登板。0勝0敗1セーブ、防御率12.38を記録した。

8年目の1983年は一軍登板なし。二軍では20試合に登板。5勝7敗2セーブ、防御率4.06を記録した。

9年目の1984年は2試合に登板。0勝0敗、防御率3.00を記録した。二軍では17試合に登板。4勝3敗3セーブ、防御率2.92を記録した。

同年オフに水谷茂雄とのトレードで南海へ移籍。

南海時代

翌1985年は一軍登板なし。二軍では16試合に登板。1勝0敗1セーブ、防御率5.40を記録した。

翌1986年は新監督に杉浦忠が就任。そのためかどうかはわからないが出番が増え、21試合に登板。0勝0敗、防御率6.75を記録した。

翌1987年は19試合に登板。0勝2敗、防御率3.55を記録した。

同年限りで現役を引退。

引退後は会社員となった。

選手分析

・具体的な球種は不明だが、多彩な変化球を投げた。また、アンダースローだったためか与死球が多かった。

エピソード

・細い体と名字から「青エンピツ」というあだ名で呼ばれた。他に「メダカ」という愛称もあったようだが、由来は不明。

・食べても太らない体質だった。

・1983年の選手名鑑によると好きな歌は「レッツ・グルーヴ」。眼鏡をかけているためか、どことなく真面目そうな雰囲気だが、意外とディスコ・ミュージックが好きだったのだろうか。

 

投手「あ」へ

1987年退団選手一覧へ

【1975年 中日ドラフト指名選手】
1位:田尾安志
2位:美口博
3位:青山久人
4位:早川実
5位:福田功
6位:関東孝雄