プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

木村広(西武/日本ハム/大洋など)

木村 広

きむら・ひろし
生年月日:1953年8月17日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:182cm/81kg
ポジション:投手
出身  :長崎県
ドラフト:1975年5位
経歴  :口加高校-日本大学-太平洋クラブ/クラウンライター/西武ライオンズ(1976~1983)-日本ハムファイターズ(1984)-横浜大洋ホエールズ(1985)
球種  :ストレート、スライダー、シュート

選手概要

主にリリーフとして投げた右腕。

口加高校では軟式野球の投手として活躍。3年夏には全国高等学校軟式野球選手権で優勝を果たした。

日本大学へ進学後、1975年にドラフト5位で太平洋へ入団。「速い球を投げる」という前評判だった。

太平洋・クラウンライター・西武時代

1年目の1976年は二軍で22試合に登板。2勝9敗、防御率5.45を記録した。

2年目の1977年は二軍で23試合に登板。6勝4敗、防御率3.27を記録した。

3年目の1978年は二軍で21試合に登板。2勝5敗、防御率3.33を記録した。また、同年「上手からでも横手からでも投げられる」と評されていた。

4年目の1979年は二軍で4試合に登板。0勝1敗、防御率4.50を記録した。

5年目の1980年に一軍デビュー。6試合に登板し、0勝0敗、防御率3.75を記録した。また、二軍では39試合に登板し、規定投球回に到達。3勝4敗9セーブ、防御率2.50を記録し、イースタンリーグ最優秀救援投手と技能賞に輝いた。

6年目の1981年は1試合に登板。0勝0敗、防御率0.00を記録した。二軍では30試合に登板。5勝2敗6セーブ、防御率2.89を記録した。

7年目の1982年は21試合に登板。1勝0敗、防御率3.00を記録した。

8年目の1983年は26試合に登板。2勝0敗1セーブ、防御率4.85を記録した。

同年オフにトレードで柴田保光と共に日本ハムへ移籍。交換相手は江夏豊だった。

日本ハム時代

翌1984年は10試合に登板。1勝1敗2セーブ、防御率5.40を記録した。

同年オフに自由契約となり、大洋へ移籍。

大洋時代

翌1985年は11試合に登板。0勝1敗、防御率8.06を記録した。

同年限りで大洋を退団。

重いストレートとスライダー、シュートを投げた。

余談だが、歌が上手な選手で選手名鑑に「のど自慢で人気者」と書かれていた。また、コマ回しという珍しい趣味も持っており、他に将棋、釣り、ゴルフも趣味として挙げていた。多趣味な選手だったようだ。

 

投手「き」へ

1985年退団選手一覧へ

【1975年 太平洋ドラフト指名選手】
1位:古賀正明
2位:糸数勝彦
3位:大屋好正
4位:加倉一馬
5位:木村広
6位:池田弘
ドラフト外:吉野秀幸大慈彌功大原徹也川島日出雄