プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

加倉一馬(西武/阪神など)

加倉 一馬(加倉 克馬)

かくら・かずま(かくら・かつま)
生年月日:1957年10月19日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:172cm/76kg
ポジション:内野手/外野手
出身  :福岡県
ドラフト:1975年4位
経歴  :柳川商業高校-太平洋クラブ/クラウンライター/西武ライオンズ(1976~1982)-阪神タイガース(1983~1984)

選手概要

野手。

柳川商業高校時代は投手として活躍。3年春に甲子園へ出場した。その後、3年夏は県大会予選で右手親指を骨折する不運に見舞われた。この時の1年後輩に立花義家、久保康生がいる。

1975年に太平洋からドラフト4位指名を受けて入団。入団直後に三塁手へ転向し「柔らかい体を持っている」「体にバネがある」と評された。

ちなみに入団時に提示された契約金があまり高くなかったようで、母親からは「こんな端金で人生を縛られては……」とプロ入りを反対されたという。

太平洋クラブ・クラウンライター・西武時代

1年目の1976年は二軍で46試合に出場。打率.239、2本を記録した。同年オフに前述した立花が太平洋へ入団し、チームメイトに。

2年目の1977年は外野手へ転向。二軍で28試合に出場し、打率.173、0本、3打点を記録した。

3年目の1978年は登録名を「加倉一馬」から「加倉克馬(かくら・かつま)」へ変更。二軍で48試合に出場し、打率.250、3本、7打点、6盗塁を記録した。

4年目の1979年に一軍デビューを果たし、32試合に出場。打率.182、0本、2打点を記録した。

同年はジュニアオールスターにも出場。本塁打を放ってMVPとなり、賞金100万円を獲得した。また、同年の二軍成績は32試合、打率.323、2本、19打点、2盗塁だった。

5年目の1980年は一軍出場なし。二軍では63試合に出場。打率.252、2本、16打点、2盗塁を記録した。

6年目の1981年は二軍で27試合に出場。打率.128、0本、0打点を記録した。また、同年途中に登録名を「加倉一馬」に戻している。

7年目の1982年は二軍で65試合に出場。打率.193、3本、18打点を記録した。同年オフに金銭トレードで阪神へ移籍。

阪神時代

翌1983年は36試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録した。二軍では58試合に出場。規定打席に到達し、打率.329、8本、25打点、5盗塁を記録した。

翌1984年は一軍出場なし。二軍では73試合に出場。打率.221、3本、21打点を記録した。

同年限りで阪神を退団。

プロ2~3年目の頃は「怪我が多い」「膝の故障がある」と言われていた。

 

野手「か」へ

1984年退団選手一覧へ

【1975年 太平洋ドラフト指名選手】
1位:古賀正明
2位:糸数勝彦
3位:大屋好正
4位:加倉一馬
5位:木村広
6位:池田弘
ドラフト外:吉野秀幸大慈彌功大原徹也川島日出雄