プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

大屋好正(太平洋/クラウンライター/西武)

大屋 好正

おおや・よしまさ
生年月日:1953年10月26日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:175cm/67kg
ポジション:投手
出身  :和歌山県
ドラフト:1975年3位
経歴  :海南高校(和歌山県)-専修大学-太平洋クラブ/クラウンライター/西武ライオンズ(1976~1979)
球種  :不明

選手概要

右腕。

海南高校時代の1971年に、西鉄からドラフト9位で指名されるも入団拒否。

専修大学では1年先輩に吉武正成がいた。同大学時代の1975年に、太平洋からドラフト3位で指名され、今度は入団。度胸がいいという前評判だった。

1年目の1976年は二軍で32試合に登板。5勝5敗、防御率2.44を記録した。同年はジュニアオールスターにも出場。

2年目の1977年は二軍で19試合に登板。3勝1敗、防御率1.09を記録し、ウエスタンリーグ最優秀防御率に輝いた。

3年目の1978年はオーバースローからサイドスローへ転向。それが功を奏したか一軍デビューを果たし、20試合に登板。1勝3敗、防御率4.83を記録した。

しかし、4年目の1979年は一軍登板なし。二軍では12試合に登板し、2勝2敗、防御率5.54を記録した。

同年限りで西武を退団。

サイドスロー転向後は、浮き上がる球を武器とした。

余談だが、太平洋入団時「顔が東尾修に似ている」と言われていた。

 

投手「お」へ

1979年退団選手一覧へ

【1975年 太平洋ドラフト指名選手】
1位:古賀正明
2位:糸数勝彦
3位:大屋好正
4位:加倉一馬
5位:木村広
6位:池田弘
ドラフト外:吉野秀幸大慈彌功大原徹也川島日出雄