プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

糸数勝彦(太平洋/クラウン/西武)

糸数 勝彦

いとかず・かつひこ
生年月日:1958年3月22日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:177cm/74kg
ポジション:投手
出身  :沖縄県
ドラフト:1975年2位
経歴  :石川高校(沖縄県)-太平洋クラブ/クラウンライター/西武ライオンズ(1976~1980)
球種  :ストレート、カーブ

※一軍出場なし

選手概要

右腕。

石川高校時代は2年生の時に肩を故障するも、3年夏に甲子園へ出場。2回戦で浜松商に敗退したが「沖縄の星」と呼ばれた。甲子園では右手中指の爪が折れる怪我を負い、痛みをこらえながら投げていたという。

1975年にドラフト2位で太平洋へ入団。低めへのコントロールがいいという前評判だった。

1年目の1976年は二軍で20試合に登板。5勝4敗、防御率3.80を記録した。同年は甲子園球場で右翼ラッキーゾーンへ飛び込む本塁打を放ち、打撃でも注目された。

2年目の1977年は二軍で18試合に登板。3勝6敗、防御率4.25を記録した。

3年目の1978年は二軍で28試合に登板。3勝6敗、防御率3.62を記録した。

4年目の1979年は二軍で14試合に登板。1勝3敗、防御率4.09を記録した。

5年目の1980年は二軍で18試合に登板。1勝4敗、防御率7.00を記録した。

同年限りで西武を退団。

カーブを投げた。また、スタミナ不足、球威不足とメディアに書かれることもあった。

入団当初は内臓疾患に苦しんだこともあったが、食事療法で改善したとのこと。

 

投手「い」へ

1980年退団選手一覧へ

【1975年 太平洋ドラフト指名選手】
1位:古賀正明
2位:糸数勝彦
3位:大屋好正
4位:加倉一馬
5位:木村広
6位:池田弘
ドラフト外:吉野秀幸大慈彌功大原徹也川島日出雄