プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

深沢恵雄(阪神/ロッテ)

深沢 恵雄

ふかざわ・よしお
生年月日:1955年5月30日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:175cm/72kg
ポジション:投手
出身  :山梨県
ドラフト:1975年5位
経歴  :峡南高校-日本楽器-阪神タイガース(1976~1981途)-ロッテオリオンズ(1981途~1988)
球種  :ストレート、スライダー、シンカー

選手概要

トレードで花開いた、アンダースロー右腕。

小学4年生で野球を始め、6年生から投手に。

峡南高校時代にアンダースローへ転向。2年生の時に甲子園へ出場。1回戦で敗退。

高校卒業後は日本楽器へ入社。

1975年に阪神からドラフト5位で指名されたが、入団は翌1976年オフとなった。これは会社の都合などが影響したか。ちなみに前評判は「足立光宏にフォームが似ている」というものだった。

阪神時代

1年目の1977年は怪我により出遅れたが、それでも13試合に登板。0勝1敗、防御率7.65を記録した。二軍では15試合に登板。3勝2敗3セーブ、防御率3.41を記録した。

2年目の1978年は9試合に登板。0勝0敗、防御率7.20を記録した。二軍では20試合に登板。規定投球回を投げ、4勝8敗1セーブ、防御率3.00を記録した。同年秋にはアメリカ教育リーグへ参加。

3年目の1979年は24試合に登板。0勝1敗1セーブ、防御率3.72を記録した。

4年目の1980年は23試合に登板。1勝1敗、防御率4.11を記録した。

ロッテ時代

5年目の1981年途中に福間納とのトレードでロッテへ移籍。12試合に登板し、0勝1敗1セーブ、防御率4.95を記録した。

翌1982年は27試合と登板増。先発ローテーションの一角に加わり、9勝11敗、防御率4.86を記録した。

翌1983年は27試合に登板。12勝8敗、防御率4.53を記録した。

翌1984年は29試合に登板。15勝8敗、防御率3.74と成績を上げ、石川賢と並んでチーム最多勝を記録した。

翌1985年は15試合と登板減。2勝6敗、防御率6.08と成績を落とした。

翌1986年は24試合に登板。10勝8敗、防御率4.93と復調を見せた。

翌1987年は12試合と再び登板減。2勝6敗、防御率6.22を記録した。

翌1988年は2試合に登板。0勝2敗、防御率10.50を記録した。二軍では6試合に登板。0勝1敗、防御率10.80を記録した。

同年限りで現役を引退。

引退後は横浜市でパブ「いまいち」を経営している。

選手分析

・内角を果敢に攻める投手で、かつアンダースローということもあり、与死球が多かった。

・スライダーを武器とし、ロッテ移籍後は山田久志からシンカーも習った。

エピソード

・チワワを飼っており、趣味はそのチワワとじゃれあうことだった。

 

投手「ふ」へ

1988年退団選手一覧へ

【1975年 阪神ドラフト指名選手】
1位:足立義男(入団拒否)
2位:鍛治舎巧(入団拒否)
3位:宮田典計
4位:中沢泰司
5位:深沢恵雄
6位:豊平晋一
ドラフト外:遠藤伸久崎山嗣盛宮本尊義高木昇玉城正富西浦丈夫