プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

永田能隆(オリックス/中日)

永田 能隆

ながた・よしたか
生年月日:1973年1月18日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:182cm 80kg
ポジション:投手
出身  :愛知県
ドラフト:1997年6位
経歴  :武豊高校-名城大学-北陸銀行-オリックス・ブルーウェーブ(1998~1999)-中日ドラゴンズ(2001)
持ち球 :140km台のストレート、ナックル、(フォークも投げた?)


※Wは二軍成績

選手概要

左腕。

武豊高校、名城大学を経て、社会人の北陸銀行へ入社。1997年のドラフトで6位指名を受けてオリックスへ入団した。

オリックス時代

140km台のストレートとナックルを武器とする投手だったが (「ダグアウト99」という野球ゲームでは他にフォークも投げられるようになっている)2年間、一軍での登板はなし。どうやら怪我が原因だったようだ。

2年目となる1999年のオフには早くも戦力外に。二軍での成績は防御率2.29とよかったが、怪我の影響があったか。ちなみに1年目は11回1/3を投げただけでボークを4つ犯している。

この時の戦力外通告が遅かったようで、その時点で既に他球団は入団テストを終了していた。そのため永田は「どうせクビならもう1か月早く言ってほしかった」と当時の取材で語っている。

中日時代

その後、中日の打撃投手へと転身したが、打撃投手1年目のオフに行われたハイサイリーグで好投を見せ、まさかの現役復帰。これは貴重な左腕であることも大きかったのだろう。

しかし、現役復帰1年目となる2001年のオフ、再び戦力外に。一軍での登板はなく、二軍でもわずか8試合の登板だった。

引退後

戦力外後は中日の打撃投手へ戻った。

余談だが、様々な投手の形態模写が得意で、打撃投手時代は石井一久や星野伸之などを真似しながら投げていた。また、中日へ現役復帰していた時期は投法をオーバースローから、斎藤雅樹を左投げにしたようなサイドスローに変えている。

 

投手「な」へ

2001年退団選手一覧へ