プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

杉田勇(広島/ダイエー)

杉田 勇

すぎた・いさむ
生年月日:1973年5月30日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:179cm/84kg
ポジション:捕手
出身  :山梨県
ドラフト:1991年5位
経歴  :富士学苑高校-広島東洋カープ(1992~1995)-福岡ダイエーホークス(1996~2001)

選手概要

中学時代、野球の他にラグビーもプレーしていた捕手。

高校通算47本塁打の実績を引っ提げ、1991年にドラフト5位で広島へ入団。遠投110メートルの強肩で、100m11秒5の俊足でもあるという前評判だった。

広島時代

1年目の1992年は二軍で11試合に出場し、打率.250、0本、0打点という成績。

2年目の1993年は一軍で2試合に出場。打席には立たなかったが、貴重な経験を積んだ。ちなみに二軍では54試合の出場で、打率.250、4本、19打点という成績だった。

3年目の1994年は二軍で36試合に出場し、打率.153、0本、3打点と打撃が不調で、一軍出場なし。同年は捕手の他に一塁と外野も守った。

4年目の1995年は二軍で38試合に出場。打率.274、1本、4打点の成績を残したが、一軍出場はなく、オフに自由契約となった。

ダイエー時代

ダイエーへ移籍して迎えた翌1996年は、二軍で71試合、打率.266、10本、29打点の成績を残したが、一軍では1試合のみ。

翌1997年は絶不調で、二軍で54試合に出場し、打率.119、1本、6打点という成績だった。同年は開幕直前に怪我をしており、その影響もあったのかもしれない。

翌1998年は二軍で78試合に出場。打率.263、5本、16打点の成績を残した。

翌1999年は二軍で61試合、打率.213、1本、8打点という成績。同年は左ひざの故障により、一軍昇格を逃す不運もあったようだ。

翌2000年は二軍で44試合に出場し、打率.198、3本、13打点という成績だった。

翌2001年に二軍で36試合、打率.226、0本、8打点という成績を残すと、オフに現役を引退(戦力外を告げられての引退か、自主的に引退したかは不明)。

引退後

引退後はダイエーのブルペン捕手へ転身した。

 

野手「す」へ

2001年退団選手一覧へ