プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

夏目隆司(阪急)

夏目 隆司

なつめ・たかし
生年月日:1956年2月5日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:176cm/64kg
ポジション:投手
出身  :静岡県
ドラフト:1976年ドラフト外
経歴  :三ヶ日高校-静岡県立農業短期大学-矢崎部品-阪急ブレーブス(1977~1981)
球種  :不明

※一軍出場なし

選手概要

短大出身の右腕。

三ヶ日高校を卒業後、静岡県立農業短期大学へ進学。その後、矢崎部品へ入社し、野球部にも所属したが、会社が1年で傾いたため退社(短大へ通いながら矢崎部品で働いていたとする資料もある)。

その後、家業であるイチゴ農園の手伝いをしていたところ、巨人と阪急が入団テストを行うことを知り、参加。巨人は落ちたものの、阪急は合格し、ドラフト外で入団した。

プロ1年目~引退まで

1年目の1977年は二軍で2試合に登板し、0勝2敗、防御率9.00という成績。また、同年は右肩を故障する不運に見舞われた。

2年目の1978年も二軍で2試合に投げたが、0勝1敗、防御率40.50。

3年目の1979年は一軍・二軍共に登板なし。

4年目の1980年は二軍で6試合に登板し、0勝0敗、防御率5.00を記録。

5年目の1981年も一軍登板がなく、二軍成績はわからず。同年に戦力外となり、現役を引退した。

引退後に本人が東スポの取材を受けて答えたところによると、前述した右肩の故障に始まり、肘や内転筋なども痛めていたとのこと。怪我続きのプロ野球生活だったようだ。

引退後

引退後は家業のイチゴ農園を継いでいる。

 

投手「な」へ

1981年退団選手一覧へ

【1976年 阪急ドラフト指名選手】
1位:佐藤義則
2位:森本進(入団拒否)
3位:吉沢俊幸
4位:平山正人
5位:根本俊郎(入団拒否)
6位:山本良材
ドラフト外:小川忠幸三枝規悦・夏目隆司・今井茂田中彰