プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

中山雅行(ロッテ)

中山 雅行

なかやま・まさゆき
生年月日:1969年9月3日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:184cm/81kg
ポジション:投手
出身  :埼玉県
ドラフト:1993年4位
経歴  :埼玉栄東高校-中央大学-熊谷組-千葉ロッテマリーンズ(1994~1996)
球種  :ストレート、フォーク

選手概要

右腕。

アマチュア時代

高校時代は3年夏に県大会3回戦まで進出。

中央大学では1年秋に1部で1勝をあげるも、2年で2部へ転落。最終的に大学4年間で2部通算19勝をあげた。

卒業後は熊谷組へ入社。1992年には都市対抗で若獅子賞を獲得する活躍を見せ、翌1993年には全日本代表にも選ばれた。さらにキューバ戦でフォークを武器にリナレスやキンデランを打ち取る活躍を見せ、注目される存在に。

同年、ロッテから4位指名を受け、プロ入りを果たした。

右の本格派で、フォークを初球から投げる自信と度胸があるという前評判だった。

プロ1年目~引退まで

1年目の1994年は、二軍では13試合、3勝3敗、防御率2.92と結果を残すも、一軍では15試合、0勝1敗、防御率6.98といまひとつの成績。

2年目の1995年は一軍登板がなく、二軍でも11試合を投げて0勝2敗、防御率9.82と不本意な成績に。同年はさらに怪我もしてしまった。

3年目の1996年も一軍登板がなく、二軍で19試合、0勝1敗、防御率4.15という成績で、オフに戦力外となった。

翌1997年はマリナーズとマイナー契約を結び、春季キャンプに参加するなどしたが、開幕前に戦力外に。

トルネードと言うほどではないが、上体をひねって投げる投球フォームだった。

 

投手「な」へ

1996年退団選手一覧へ