プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

中西弘明(阪急/日本ハム)

中西 弘明(中西清治)

なかにし・ひろあき(なかにし・せいじ)
生年月日:1953年9月10日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:172cm/76kg
ポジション:捕手
出身  :兵庫県
ドラフト:1975年ドラフト外
経歴  :三田学園高校-法政大学-阪急ブレーブス(1976~1981)-日本ハムファイターズ(1982~1986)

選手概要

2球団に在籍した捕手。

三田学園高校では、2年生の時に春の甲子園へ出場。高校の1年先輩に淡口憲治などがいた。

法政大学では主将を務めた。また、江川卓とバッテリーを組む試合もあった。2年生、3年生の時には日米大学野球に選ばれている。大学の1年先輩に高浦美佐緒、同期に岩井隆之、2年後輩に袴田英利などがいた。

1975年にドラフト外で阪急へ入団。この時の登録名は「中西清治」だった。

阪急時代

1年目の1976年は8試合に出場。打率.375、0本、0打点と、少ないチャンスで好成績を残した。

しかし、2年目の1977年は一軍出場なし。二軍では34試合に出場。打率.209、0本、10打点を記録した。

3年目の1978年は二軍で58試合に出場。打率.248、4本、21打点を記録した。

4年目の1979年は二軍で54試合に出場。打率.191、1本、7打点を記録した。

5年目の1980年は登録名を「中西弘明」へ変更。1試合に出場し、打率.000、0本、0打点を記録した。二軍では30試合に出場。打率.203、2本、7打点の成績を残した。

6年目の1981年は二軍で35試合に出場。打率.211、1本、2打点を記録した。

この年のオフに、金銭トレードで日本ハムへ移籍。

日本ハム時代

新天地で迎えた翌1982年は春キャンプで怪我に見舞われた。それでも4試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録した。また、二軍では23試合に出場。打率.247、1本、10打点の成績を残した。

翌1983年は3試合に出場。しかし、0打席だった。二軍でも1試合に出場したのみで、打率.000、0本、0打点という成績。

翌1984年は3試合に出場。打率.000、0本、1打点を記録した。二軍では20試合に出場。打率.222、1本、8打点の成績を残した。

翌1985年は二軍で37試合に出場。打率.214、1本、4打点を記録した。

翌1986年は二軍で21試合に出場。打率.148、1本、1打点を記録した。

同年限りで選手を引退し、コーチへ転身。

コーチ時代

翌1987年~1988年は日本ハムの二軍バッテリーコーチ補佐、1989年~1990年は二軍バッテリーコーチを担当。

1991年~1992年は韓国・OBベアーズでコーチを務め、1993年~1995年は横浜で二軍バッテリーコーチを担当。1998年~1999年は西武で二軍コーチ兼編成担当を務めた。

現役時代から、二軍で若手選手を指導することがあった。

 

野手「な」へ

1986年退団選手一覧へ

【1975年 阪急ドラフト指名選手】
1位:住友一哉(入団拒否)
2位:簑田浩二
3位:木村基治
4位:加藤安雄
5位:森正敏(入団拒否)
6位:中司得三(入団拒否)
ドラフト外:泉元寿光・中西清治・松山龍男