プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

立野清広(ロッテ)

立野 清広

たての・きよひろ
生年月日:1957年6月5日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:185cm/75kg
ポジション:投手
出身  :宮城県
ドラフト:1975年4位
経歴  :東北高校-ロッテオリオンズ(1976~1980)
球種  :ストレート、カーブ

※一軍出場なし

選手概要

裏方としてロッテに長く在籍した右腕。

東北高校時代は、3年春に花巻商業高校戦でノーヒットノーランを達成。

1975年にドラフト4位でロッテへ入団。無名だが球の速さに魅力があるという前評判だった。

また、当時ロッテが仙台を本拠地としていたことから、宮城県出身であることも注目された。

プロ1年目~引退

1年目の1976年は二軍で5試合に登板。0勝1敗、防御率4.50を記録した。

2年目の1977年は二軍で7試合に登板。0勝2敗、防御率8.00を記録した。

3年目の1978年は二軍で1試合に登板。0勝0敗、防御率18.00を記録した。

4年目の1979年は一軍・二軍共に登板なし。打撃投手としてチームメイトを相手に投げた。

5年目の1980年は二軍で3試合に登板。0勝0敗、防御率3.60を記録した。

同年限りで選手を辞め、打撃投手へ転身。翌1981年から2003年まで長くに渡ってロッテの打者を相手に投げ続けた。打撃投手としては、落合博満から打撃練習時に指名を受けていたというエピソードもある。

その後はスコアラーへ転身し、2008年まで務めた。

余談だが、ラジコン飛行機作りという特技を持っていた。また、丼ご飯5杯を食べられるほどの大食漢だった。

選手分析

投球:カーブを武器とした。また、1980年に二軍で5回を投げて与四球4、与死球1を記録しており、コントロールに難があったと思われる。

 

投手「た」へ

1980年退団選手一覧へ

【1975年 ロッテドラフト指名選手】
1位:田中由郎
2位:大町定夫(入団拒否)
3位:水上善雄
4位:立野清広
5位:北川裕司
6位:中村昭(入団拒否)
ドラフト外:須田清見池畑満也