プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

北川裕司(ロッテ)

北川 裕司

きたがわ・ゆうじ
生年月日:1953年6月14日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:182cm/76kg
ポジション:内野手
出身  :徳島県
ドラフト:1975年5位
経歴  :海南高校(徳島県)-神奈川大学-ロッテオリオンズ(1976~1980)

選手概要

内野手。

海南高校時代は一塁手としてプレー。また、大石友好と同期だった。高校卒業後は大石と共に神奈川大学へ進学。ここでは主将を務めた。

1975年にドラフト5位でロッテへ入団。打撃がいい遊撃手だが、守備が課題という前評判だった。

プロ1年目~引退

1年目の1976年は7試合に出場。打率.143、0本、2打点を記録した。

2年目の1977年は22試合に出場。打率.231、0本、0打点を記録した。

3年目の1978年は6試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録した。二軍では50試合に出場し、規定打席に到達。打率.254、2本、15打点、4盗塁を記録した。

4年目の1979年は一軍出場なし。二軍では43試合に出場。打率.237、0本、9打点、9盗塁を記録した。

5年目の1980年も一軍出場なし。二軍では66試合に出場。打率.236、3本、27打点、3盗塁を記録した。

同年限りで選手を辞め、打撃投手へ転身。翌1981年だけ務めたあと、1982年以降はロッテの球団マネージャーなどの職に就いた。

ドラフト5位ながら、有藤通世や山崎裕之の跡を継ぐ大型内野手として期待の声が挙がっていたが、打撃がネックだったか。

エピソード

余談だが、オートレースに造詣が深く、プロ並みと言われていた。

また、真面目な選手として知られ、1979年頃には二軍寮長も務めた(寮長と言うと引退した選手が務める印象だが、当時は現役の選手が務めていたようだ)。

1979年と1980年の2年間チームメイトだった落合博満とは同い年で、冗談を言い合うこともあった。

 

野手「き」へ

1980年退団選手一覧へ

【1975年 ロッテドラフト指名選手】
1位:田中由郎
2位:大町定夫(入団拒否)
3位:水上善雄
4位:立野清広
5位:北川裕司
6位:中村昭(入団拒否)
ドラフト外:須田清見池畑満也