プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

森口益光(南海/中日)

森口 益光

もりぐち・ますみつ
生年月日:1953年7月20日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:180cm/80kg
ポジション:投手
出身  :大阪府
ドラフト:1975年1位
経歴  :大阪商業大学附属高校-近畿大学-南海ホークス(1976~1986)-中日ドラゴンズ(1987~1988)
球種  :不明

選手概要

ドラフト1位右腕。

大阪商業大学附属高校を卒業後、近畿大学へ進学。3年生の時に日米大学野球日本代表に選ばれるなど、活躍を見せた。また、大学時代の同期に中司得三がいた。

1975年にドラフト1位で南海へ入団。即戦力という前評判だった。

プロ1年目~5年目

1年目の1976年は二軍で25試合に登板。5勝9敗1セーブ、防御率3.41を記録した。

2年目の1977年に一軍デビューし、17試合に登板。1勝0敗、防御率4.40を記録した。

3年目の1978年は先発ローテーション入りを果たし、31試合に登板。9勝10敗、防御率3.29を記録した。

4年目の1979年は32試合に登板。9勝14敗、防御率4.17を記録した。

5年目の1980年は20試合に登板。3勝14敗、防御率5.47と大きく負け越した。同年は腰痛に悩まされたようで、成績不振の理由もそこにあったのかもしれない。

プロ6年目~プロ11年目

6年目の1981年は24試合に登板。1勝8敗、防御率4.68を記録した。同年オフの契約更改の席で球団にトレードを直訴したが、実現はしなかった。

7年目の1982年は21試合に登板。そのうち20試合がリリーフでの起用で、0勝2敗1セーブ、防御率4.19を記録した。

8年目の1983年は16試合に登板。1勝2敗、防御率5.66を記録した。

9年目の1984年は36試合に登板。3勝5敗、防御率6.60を記録した。

節目となる10年目の1985年は3試合と登板減。0勝0敗、防御率11.81を記録した。二軍では8試合に登板。1勝1敗、防御率4.65を記録した。

11年目の1986年は2試合に登板。0勝0敗、防御率6.00を記録した。二軍では18試合に登板。33回を投げて、6勝0敗4セーブ、防御率0.55と他を圧倒する好成績を残した。

しかし、同年限りで自由契約となり、南海を退団。中日へ移籍した。

中日時代~引退

翌1987年は20試合と登板増。0勝3敗、防御率5.33を記録した。

翌1988年は一軍登板なし。二軍では9試合に登板し、0勝2敗、防御率2.00を記録した。

同年限りで中日を退団し、現役を引退。

引退後は、天王寺にあるホテルでホテルマンとして勤務したが、南海ホークス関連のイベントにゲストとして参加することもあった。

選手分析

投球:「球威がある」と評価されていた。しかし、投球が単調になりがちという欠点を抱えていた。

 

投手「も」へ

1988年退団選手一覧へ

【1975年 南海ドラフト指名選手】
1位:森口益光
2位:渡辺光弘
3位:立石充男
4位:松尾裕二
5位:平沢隆好
6位:土手本勝次
ドラフト外:鐘井裕治宮崎弘教山本利一