プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

田村政雄(大洋/南海)

田村 政雄

たむら・まさお
生年月日:1953年5月3日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:180cm/79kg
ポジション:投手
出身  :和歌山県
ドラフト:1975年1位
経歴  :県立和歌山商業高校-中央大学-大洋/横浜大洋ホエールズ(1976~1978)-南海ホークス(1979~1981)
球種  :ストレート、カーブ、シュート、シンカー

選手概要

アンダースロー右腕。田村領平の父。

県立和歌山商業高校を経て、中央大学へ進学。

ここでは1年秋に明治神宮大会でノーヒットノーランを達成。その後もエースとして活躍し、リーグ通算39勝を挙げた。大学の同期に福田功行沢久隆らがいる。

1975年に大洋からドラフト1位で指名されて入団。実力No1ルーキーという前評判で、新人王候補とまで言われた。また、大洋の先輩である「秋山登二世」と呼ぶ声もあった。

大洋時代

1年目の1976年は12試合に登板。1勝3敗、防御率6.19という成績で、新人王に輝くことはできなかった。

2年目の1977年は42試合と出番増。3勝4敗1セーブ、防御率5.81を記録した。二軍では3試合に登板。3勝0敗、防御率0.33と圧倒的な成績を残した。

3年目の1978年は40試合に登板。3勝3敗2セーブ、防御率3.77を記録した。二軍では4試合に登板。2勝1敗、防御率3.18を記録した。

成績を向上させたが、同年オフ、1978年11月27日にトレードで伊藤勲と共に南海へ移籍。交換相手は佐藤道郎だった。

南海時代

翌1979年は24試合に登板。2勝4敗、防御率8.09を記録した。二軍では3試合に登板。2勝0敗、防御率2.57を記録した。

翌1980年は17試合に登板。0勝2敗1セーブ、防御率8.16を記録した。二軍では14試合に登板。3勝3敗1セーブ、防御率3.27を記録した。

翌1981年は一軍登板なし。二軍成績は不明。

同年限りで南海を退団し、引退。

二軍では結果を残すことが出来ていたが、なかなか一軍で活躍できなかった。

カーブ、シュート、シンカーを投げた。

引退後

引退後は実家の酒屋を継いだが、2011年に1年だけ、高知ファイティングドッグスの投手コーチを務めた。

余談だが、読書家の選手で文庫本を週に2~3冊読んでいた。

 

投手「た」へ

1981年退団選手一覧へ

【1975年 大洋ドラフト指名選手】
1位:田村政雄
2位:岩井靖久
3位:松本隆春
4位:斉藤巧
5位:根本俊郎(入団拒否)
ドラフト外: 内田周作河守峰男