プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

鍵谷康司(日本ハム)

鍵谷 康司

かぎたに・こうじ
生年月日:1950年7月2日
投打  :右投げ左打ち
身長/体重:166cm/65kg
ポジション:内野手
出身  :山口県
ドラフト:1975年4位
経歴  :柳井高校-大昭和製紙-日本ハムファイターズ(1976~1982)

選手概要

ユーティリティ内野手。

柳井高校、大昭和製紙を経て、1975年にドラフト4位で日本ハムへ入団。体は小さいがガッツがあるという前評判だった。

プロ1年目~引退まで

1年目の1976年は主に二塁を守り、50試合に出場。打率.229、0本、2打点を記録した。

2年目の1977年は5試合と出場減。打率.000、0本、0打点を記録した。

3年目の1978年は21試合に出場。打率.262、0本、1打点を記録した。

4年目の1979年は90試合と出場数を増やし、打率.259、0本、11打点を記録。

5年目の1980年は67試合に出場。打率.229、0本、8打点を記録した。

6年目の1981年は69試合に出場。打率.260、0本、3打点を記録した。同年は日本シリーズでも第3戦で決勝打を放つなどし、8打数3安打2打点の活躍を見せた。

7年目の1982年は44試合に出場。打率.271、0本、4打点を記録した。

同年限りで現役を引退。

打力はあまりなく、通算本塁打も0本だったが、守備力を評価された選手だった。

引退後の動向はわからないが、少なくとも2022年は沼津リトルシニアの総監督を務めていた。2024年現在も務めているかどうかは不明。

余談だが、けん玉という特技を持っており、柔道初段でもあった。

 

野手「か」へ

1982年退団選手一覧へ

【1975年 日本ハムドラフト指名選手】
1位:福島秀喜
2位:行沢久隆
3位:中村武義
4位:鍵谷康司
5位:中山信博
6位:宮本好宣
ドラフト外:白井仁黒木実