プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

宮本好宣(日本ハム)

宮本 好宣

みやもと・よしのぶ
生年月日:1950年7月26日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:183cm/72kg
ポジション:投手
出身  :大阪府
ドラフト:1975年6位
経歴  :布施工業高校-同志社大学-エアロマスター-西濃運輸-日本ハムファイターズ(1976~1981)
球種  :ストレート、スライダー

選手概要

スカウトへ転身した右腕。

布施工業高校、同志社大学を経て、社会人のエアロマスター(日本熱学工業)へ入団。しかし、1974年5月に会社が倒産したため、西濃運輸へ移籍。1975年にドラフト6位で日本ハムへ入団。

プロ1年目~引退まで

1年目の1976年は2試合に登板。0勝0敗、防御率13.50を記録した。二軍では登板数不明だが、6勝4敗を記録。

2年目の1977年は6試合に登板。1勝0敗、防御率3.00を記録した。

3年目の1978年は10試合に登板。0勝0敗、防御率5.04を記録した。二軍では10試合に登板。1勝6敗、防御率7.02を記録した。

4年目の1979年は15試合に登板。1勝4敗、防御率4.91を記録した。二軍では5試合に登板。2勝1敗、防御率3.00を記録した。

5年目の1980年は一軍登板なし。二軍では17試合に登板。4勝5敗1セーブ、防御率3.03を記録した。

6年目の1981年も一軍登板なし。二軍では27試合に登板。規定投球回を投げて2勝6敗3セーブ、防御率3.46を記録した。

同年限りで現役を引退。

スライダーを武器とした。

スカウト・指導者として

引退後は日本ハムのスカウトへ就任。岩本勉などを担当した。

1992~1993年頃、横浜のスカウトへ就任。ここでは金城龍彦や藤田一也などを担当した。

2009年からは編成部へ移動。2010年まで務めた。

その後は韓国球界へ身を移し、ネクセン・ヒーローズのコーチやハンファ・イーグルスのコーチ・編成部長などを務めた。

 

投手「み」へ

1981年退団選手一覧へ

【1975年 日本ハムドラフト指名選手】
1位:福島秀喜
2位:行沢久隆
3位:中村武義
4位:鍵谷康司
5位:中山信博
6位:宮本好宣
ドラフト外:白井仁黒木実