プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

村井一男(西武/中日)

村井 一男

むらい・かずお
生年月日:1961年3月12日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:176cm/70kg
ポジション:投手
出身  :福岡県
ドラフト:1982年4位
経歴  :筑紫工業高校-九州産業大学-西武ライオンズ(1983~1987途)-中日ドラゴンズ(1987途)
球種 :不明

※一軍登板なし

選手概要

アンダースローからのクセ球を武器とした右腕。

高校を経て進んだ九州産業大学では大畑徹とエースの座を争った。

1982年に西武から4位指名を受け入団。

西武時代

1年目の1983年は二軍で2試合を投げ、0勝0敗、防御率9.00という成績。

2年目の1984年は二軍で5試合を投げ、0勝1敗、防御率4.15。

3年目の1985年は1Aサンノゼへ野球留学。そのため、一軍・二軍共に登板はなかった。留学選手に選ばれる辺り、期待されていた様子が窺える。

4年目の1986年は二軍で16試合、90回2/3を投げて規定投球回に到達。4勝6敗1セーブ、防御率3.87を記録した。

中日時代

翌1987年開幕前の3月16日に栗岡英智とのトレードで中日へ移籍。

同年は12試合、1勝1敗、防御率2.83と、ある程度の結果を残したが一軍登板はなく、同年限りで退団。

 

投手「む」へ

1987年退団選手一覧へ