プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

峯本達雄(阪神)

峯本 達雄

みねもと・たつお
生年月日:1953年6月12日
投打  :右投げ右打ち
身長/体重:177cm/79kg
ポジション:外野手/内野手
出身  :和歌山県
ドラフト:1976年4位
経歴  :新宮高校-新日本製鐵堺-阪神タイガース(1977~1981)

選手概要

外野手。

新宮高校時代は、同期に庄司智久がいた。

高校卒業は新日本製鐵堺へ入社。ここでは尾西和夫、中出謙二らとチームメイトだった。

1976年に阪神からドラフト4位で指名され、入団。「長打力がある」「守備が課題」という前評判だった。

プロ1年目~引退まで

1年目の1977年は二軍で42試合に出場。打率.269、4本、27打点を記録した。同年は足を骨折する不運があったが、2試合連続満塁本塁打を放つなど、活躍を見せた。

2年目の1978年に一軍デビュー。17試合に出場し、打率.111、1本、1打点を記録した。

二軍では36試合に出場。打率.222、2本、13打点を記録した。

3年目の1979年は登録が内野手へ変更に(スポーツ報知によると一塁手)。二軍で62試合に出場し、打率.309、10本、55打点を記録した。同年はウエスタンリーグ打点王を獲得。

4年目の1980年は1試合に出場。打率.000、0本、0打点を記録した。

二軍では68試合に出場。打率.273、16本、46打点を記録した。二軍では3打席連続本塁打を放つなど活躍を見せたが、一軍ではチャンスに恵まれなかった。

5年目の1981年は一軍出場がなく、二軍成績は不明。

同年限りで阪神を退団。

引退後

引退後は阪神の球団職員へ転身。スコアラー、球団本部部長などを務めた。

余談だが、読書が趣味の選手で蔵書が約200冊あった。また、現役途中からはテレビゲームも趣味としていた。インドア派だったのだろうか。

 

野手「み」へ

1981年退団選手一覧へ

【1976年 阪神ドラフト指名選手】
1位:益山性旭
2位:続木敏之
3位:川辺邦好(入団拒否)
4位:峯本達雄
5位:渡辺純志
6位:山田和英(入団拒否)
ドラフト外:青雲光夫高木隆司土谷賢一小倉泰男