プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

青井要(南海/ダイエー)

青井 要

あおい・かなめ
生年月日:1964年5月1日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:181cm/78kg
ポジション:投手
出身  :香川県
ドラフト:1982年3位
経歴  :尽誠学園-南海ホークス/福岡ダイエーホークス(1983~1994)
球種  :ストレート、スライダー、スクリュー

選手概要

リリーフ左腕。

尽誠学園を経て、1982年にドラフト3位で南海へ入団。

プロ1年目~5年目

1年目の1983年は、二軍で12試合に登板し、1勝0敗、防御率4.13を記録。28回1/3を投げて奪三振9という成績から見るに、打たせて取る投球だったようだ。

2年目の1984年には、早くも一軍デビュー。しかし、1試合を投げて防御率9.00という成績で、同年は左肩痛を発症する不運にも見舞われた。

3年目の1985年は7試合に登板するも、防御率7.88という成績。8回を投げて与四球8を記録したように「制球に課題がある」と言われていた。一方で球威や球の速さは「チームで1、2を争う」と評価されていたようだ。

4年目の1986年は一軍登板なし。二軍でも16試合、0勝3敗、防御率6.41という成績だった。

5年目の1987年は、左肘軟骨除去手術を受けた影響で、一軍・二軍共に登板なし。

プロ6年目~10年目まで

さらに6年目の1988年も7月に左肘を手術。二軍で6試合に投げたのみで、成績も0勝3敗、防御率7.85というものだった。

翌1989年も二軍で12試合を投げ、1勝2敗、防御率6.67という成績。

しかし、翌1990年は一軍でリーグ最多となる49試合に登板。ほとんどがショートリリーフで、防御率も5.61だったが、チームの戦力となった。

翌1991年は19試合に登板し、初先発も経験したが、0勝0敗、防御率6.92と成績が悪化。

翌1992年も8試合の登板に終わり、0勝0敗、防御率8.10という成績だった。また、同年オフに、課題としていたスクリューを完全習得。翌年以降に期待を持たせた。

プロ11年目~引退まで

しかし、翌1993年は一軍登板なし。二軍で33試合を投げ、1勝1敗1セーブ、防御率3.83を記録するに留まった。ちなみに同年、投げ方をサイドスローに変えている。

翌1994年も一軍登板がなく、二軍でも14試合、1勝0敗、防御率6.75という成績で、同年に退団。

余談だが、ドラフト同期が畠山準、大久保学、山川周一、藤本修二と全員高卒入団の投手で、青井を含めた5人がまとめて「58年組」と呼ばれることもあった。

前述のスクリュー以外にスライダーも投げた。

 

投手「あ」へ

1994年退団選手一覧へ