プロ野球歴代選手名鑑

歴代のプロ野球選手を紹介するブログです

河野博文(日本ハム/巨人など)

河野 博文

こうの・ひろふみ
生年月日:1962年4月28日
投打  :左投げ左打ち
身長/体重:172cm/82kg
ポジション:投手
出身  :高知県
ドラフト:1984年1位
経歴  :明徳高校-駒澤大学-日本ハムファイターズ(1985~1995)-読売ジャイアンツ(1996~1999)-千葉ロッテマリーンズ(2000)
球種  :ストレート、カーブ、スライダー

選手概要

先発・リリーフで活躍した左腕。

高校時代は投手兼外野手として横田真之とクリーンアップを組み活躍したが、甲子園出場はならず。

卒業後、横田と共に駒澤大学へ進学。1983年に日米大学選手権で14三振を奪い完封勝利を挙げるなど活躍し、ドラフト候補に。

1984年に日本ハムから広澤克実の外れ1位指名を受け、入団した。

日本ハム1年目~3年目

1年目の1985年から即戦力として躍動。36試合に投げ、8勝13敗、防御率4.17を記録した。また、同年は5月1日に西武から完封勝利を挙げるなどしたため"西武キラー"と呼ばれることもあった。

しかし2年目の1986年は36試合に投げ、1勝10敗、防御率4.95。防御率こそあまり変わっていないものの、大きく負け越してしまった。また、36試合中、先発16試合、リリーフ20試合とリリーフでの出番が多くなっている。

3年目の1987年は37試合を投げ、4勝6敗、防御率3.29と少し成績が良化。同年も先発は17試合のみで、20試合はリリーフ登板だった。

日本ハム4年目~6年目

4年目の1988年は46試合投げ、6勝5敗9セーブ、防御率2.38を記録。最優秀防御率にも輝いた。同年は33試合がリリーフだったが、適正はこちらにあったか。

タイトルホルダーとなったものの、5年目の1989年は36試合を投げて0勝6敗1セーブ、防御率4.64。先発が8試合のみだったこともあるが、勝ち星が1つもつかなかった。

さらに6年目の1990年はアキレス腱を断裂する不運に見舞われた。また、この時、球団からクビになったと思い、実家に帰郷。球団からの連絡を断ったため「河野が失踪した」と騒ぎになってしまった。

日本ハム7年目~11年目

結局誤解は解け、河野がチームに復帰して迎えた翌1991年は、まだ怪我の具合がよくなかったか、17試合、0勝2敗、防御率4.17という成績に終わった。

翌1992年も、28試合、4勝4敗、防御率4.94といまひとつ。

しかし、翌1993年は25試合、7勝3敗、防御率3.41と復調。

さらに翌1994年は8勝10敗、防御率3.84を記録した。負け越しではあったが、チーム内防御率1位、西崎幸広と並びチーム内最多勝という内容で、なくてはならない存在だったと言える。

翌1995年に27試合、6勝8敗、防御率4.73を記録すると、オフにFAで巨人へ移籍。

巨人時代

すると翌1996年途中から主力リリーフとして抜擢され、39試合、6勝1敗3セーブ、防御率3.29を記録し、最優秀中継ぎに輝く活躍を見せた。

ちなみに、当時、河野、宮本和知、阿波野秀幸、川口和久の左腕リリーフ4人が長嶋茂雄監督から「レフティーズ」と命名され、少し話題になった。

翌1997年も22試合、0勝1敗、防御率3.80。翌1998年も27試合、3勝0敗、防御率2.42とリリーフで活躍したが、翌1999年に20試合、1勝2敗1セーブ、防御率7.47と成績を落とすと、自由契約に。

ロッテ時代

テスト入団でロッテへ移籍して迎えた翌2000年は、29試合、0勝0敗、防御率4.20とそこそこの成績を残したが、同年限りで現役を引退した。

引退後

引退後は群馬ダイヤモンドペガサスで投手コーチを務めたが、現在は株式会社げんちゃんを経営している。

ちなみに「ゲンちゃん」の愛称で知られるが、プロ入り当初のあだ名は「ウシ」だった。

選手分析

投球:入団当初から引退時まで、スライダーとカーブを投げた。1994年の映像を見ると、ストレートはだいたい130km台後半~140km台前半。

守備:若手時代は守備が悪く、1985年は6失策。そのうち4個が悪送球によるものだった。1987年も5失策、1994年も3失策を犯したが、その後は安定した守備成績になっている。

 

投手「こ」へ

2000年退団選手一覧へ